2017年6月23日 (金)

寺原駅(茨城県)

駅の第609弾は、関東鉄道常総線の寺原駅です。

Terahara1
茨城県取手市。取手駅から2駅。

Terahara2
取手方面ホームの駅名標。

Terahara3
相対式2面2線で、左側が下館方面、右側が取手方面。

Terahara4
出口へは構内踏切を渡る。この先にバス専用踏切があるらしい・・・。

Terahara5
改札へ向かう・・・。近場にもどこか懐かしく感じる風景があるものだ。

Terahara6
駅舎。

Terahara7
駅前は関東鉄道バスの操車場となっていて、多数のバスが停泊していた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月18日 (日)

駅名をズバリ当ててください257

2017年上半期最後の問題です。
この画像の駅名を当ててください。(難易度:★★★★★)

Z257

答えがおわかりの方は、「かがやき@掲示板」ご投稿ください。2017年6月29日(木)の17時59分59秒をもって締め切りとします。

ヒントはこの記事のコメント欄に少なくとも1回掲載します。答えの投稿は3回までとします。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年6月 8日 (木)

駅名をズバリ当ててください256

この画像の駅名を当ててください。(難易度:★★★★☆)

Z256

答えがおわかりの方は、「かがやき@掲示板」ご投稿ください。2017年6月17日(土)の18時59分59秒をもって締め切りとします。

ヒントはこの記事のコメント欄に少なくとも1回掲載します。答えの投稿は3回までとします。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年6月 5日 (月)

京成3700形6連の並びなど

今日の日中、京成千葉線に3700形6連2本が運用に入っていたので、並びを初めて撮影しました。地味な存在ですが2編成しかなく、2本並ぶチャンスはあまりないかと思い、学園前まで足を運んできました。

K1
学園前にて並ぶB07:3828F(左)とB09:3838F。

K2
京成津田沼に戻ると、先月に出場したばかりの3400形・3438Fが日中のA21に入っていました。

K3
同じく先月に出場したばかりの3600形・3688Fもやってきました。67K(1)。今年度は3000形8連3編成が投入される予定で、来春までに3400形と3600形のいずれかに廃車が出ることでしょう。3600形は、すでに3618Fが廃車になっており、3668Fも4連になっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 1日 (木)

駅名をズバリ当ててください255

今月も3問出題します。気軽なご参加をよろしくお願いいたします。
この画像の駅名を当ててください。(難易度:★★☆☆☆)

Z255

答えがおわかりの方は、「かがやき@掲示板」ご投稿ください。2017年6月8日(木)の18時59分59秒をもって締め切りとします。

ヒントはこの記事のコメント欄に少なくとも1回掲載します。答えの投稿は3回までとします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年5月26日 (金)

西吾野駅(埼玉県)

駅の第608弾は、西武秩父線の西吾野駅です。

Nisiagano1
埼玉県飯能市。2016年初夏の朝に降り立ってみた。

Nisiagano2
山間部の小さな駅舎で乗降者数も少ないが、ハイキング等での利用客が下車していった。

Nisiagano3
駅前にはベンチ等も。

Nisiagano4
ホームに上がってみる。

Nisiagano5
改札は池袋寄りにあり、構内踏切を渡る。

Nisiagano6
駅名標。

Nisiagano7
西武秩父寄りへ細長いホームが伸びる。

Nisiagano8
次の列車までしばらく駅のベンチで過ごすこととした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月19日 (金)

駅名をズバリ当ててください254

この画像の駅名を当ててください。(難易度:★★★★☆)

Z254

答えがおわかりの方は、「かがやき@掲示板」ご投稿ください。2017年5月29日(月)の18時59分59秒をもって締め切りとします。

ヒントはこの記事のコメント欄に少なくとも1回掲載します。答えの投稿は3回までとします。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2017年5月13日 (土)

湯泉地温泉・やど湯の里へ

今年2月後半のことであるが、日本一長い路線バスで十津川村へ行った際、「日本秘湯を守る会」の温泉宿に1泊した。秘湯スタンプを忘れてしまううっかりをしてしまったが、1人で宿泊してもいい宿だったので少しだけ書かせていただく。

十津川村役場バス停で下車したらすでに送迎の車が待っていた。さらに山の中へ1km程度・・・。

Y1
部屋に入って落ち着いたのは16時前。目の前、いやすぐ下が川といった方がいいくらいの迫力だった。やっぱり温泉宿のこたつは落ち着く。

Y2
部屋の様子。夕食後、中央の畳の部屋に布団が敷かれた。

Y3
部屋からの景観は山奥で素晴らしい。ただ、ダムの工事?とかで川の色が濁っていた。家内がこの場にいたら残念がっていただろう。

Y4
早速夕暮れ時の露天風呂に浸かってみた。1日3組までの限定らしく、この日はもう1組だけだったのでゆっくりと浸かることができた。温泉宿に来て最初に感じるべき幸福感だった。

Y5
夕食は隣の部屋で個室状態でいただく。この他にも地元の温かい料理が数品出てきて、1人では食べきれないくらいの量だったが、美味しくいただくことができた。

Y6
夜と翌朝も露天風呂へ。夜は真っ暗になるので満天の星空、晴れた日の朝に浸かる露天はどちらも言葉にならないくらいありがたいものであった。

Y7
部屋から川の音を聴きながら朝の風景を眺める。

Y8
帰る前に青空を改めて見上げてみた。

日帰り入浴は不可能らしい。宿泊人数も限定されるため、ゆっくりすることができる温泉宿だと感じた。さらに、予約時にご主人がすごく丁寧に対応してくださり、宿泊時も同様だった。来年もう1度スタンプ帳を持って行ければいいなぁ・・と感じた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«駅名をズバリ当ててください253