« 東中山駅(千葉県) | トップページ | はるひ野駅(神奈川県) »

2009年3月28日 (土)

JRをプロ野球にたとえて

今回はダークな内容です。たまにはこういう本音もあっていいのかな?と思ったので書きます。独り言と思って、読み流してやってください。

現在のJRをプロ野球にたとえて言い表すと、

WBC決勝ラウンドに行けずに敗れた状況で行われる日本の「プロ野球」、といったところだろうか。

実際の侍ジャパンは最高の結果を残しているので、イメージが湧かないと思うが、こんなことを考えてしまう自分がいた。

どんなに素晴らしい車両が登場しても、聖地から寝台特急という1つの手段が消された今、100%の気持ちで受け入れられることはないのかな?という気がする。現段階で唯一期待できるのは、新青森開業時に登場するE5系であろうか・・・。

夜汽車、東海道・山陽、東北等の主要幹線に1つずつでいいから、手段としてほしいと感じるのは自分だけなのかなぁ・・・。乗り鉄にとって、これ以外に究極の贅沢というのはありえない。

鉄道が単なる移動手段のみと化す今年は、温泉旅館に泊まる機会を少し設けようかと思っている。いや、以前に泊まったことのある2つの旅館(1991年・2001年)に再訪問してみようと決めた。

|

« 東中山駅(千葉県) | トップページ | はるひ野駅(神奈川県) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182788/44494581

この記事へのトラックバック一覧です: JRをプロ野球にたとえて:

« 東中山駅(千葉県) | トップページ | はるひ野駅(神奈川県) »