« 500系「のぞみ29号」(広島→博多) | トップページ | 第262問出題です »

2010年2月19日 (金)

500系「のぞみ6号」(博多→東京)乗車

これが私にとって、500系のぞみ・最終乗車

*乗車した列車:「のぞみ6号」(博多7:00→東京12:13)
*乗車区間:博多7:00→東京12:13
*乗車号車:W8編成・8号車グリーン車

最後の500系ダイヤ。「300km/h」は、博多~小倉、小倉~徳山、広島~福山の3回確認できた。
博多は曇り、山口県から晴れてきて、浜松までおよそ晴れの天気が続いた。そこから急に曇ってきて、富士川付近からは雨天なのが印象的だった。
スピードが体感できる進行方向右側のA席に陣取った。総じて降車客が少なく、山陽区間から東京駅まで乗り通す人が多い印象だった。自分の他にも
、お別れ乗車のファンがいた。
運がいいのか?名古屋を発車しても隣に人が来なかったので、最後にプレミアムモルツを飲んだ。

500nozomi1
1番後ろの席が取れた。真っ先に撮影した。

500nozomi2
乗車した号車の脇に「のぞみ6号」であることを示している電光掲示板があった。

500nozomi3
のぞみ6号の発車案内。個人的には12番線からの発車が懐かしい。隣に700系ひかりレールスターが入ってきた。

500nozomi4
博多発車直前の8号車の様子。

500nozomi5
山陽区間で自由席の混雑がしきりに案内されていたが、東京駅には定刻どおり到着した。8号車と「のぞみ博多」の行先表示。

500nozomi6
いつ見てもこの流線型は美しく見える。

500nozomi7
わずか17分後に「のぞみ29号」で博多へ折り返す。

500nozomi8
17番線(右)と18番線には、別れを惜しむファンの姿が多数あった。

500nozomi9
横顔も美しく見える。

500nozomi10
慌しく定刻どおりに博多へ向けて発車。「500系のぞみ」に本当に感謝感謝。

沿線にも多数のファンがカメラを向けていた。米原~岐阜羽島、掛川~静岡の有名撮影地に大多数。
1997年11月29日から始まった東京乗入れも、2月28日のラストランをもって終焉を迎える。そして、500系は専ら山陽新幹線「こだま」の運用となる。JR西日本の車両だから、本拠地に戻るとも捉えられるだろう。
本拠地での末永い活躍を祈って、「500系のぞみ」との最後の別れとしたい。

|

« 500系「のぞみ29号」(広島→博多) | トップページ | 第262問出題です »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182788/47610538

この記事へのトラックバック一覧です: 500系「のぞみ6号」(博多→東京)乗車:

« 500系「のぞみ29号」(広島→博多) | トップページ | 第262問出題です »