カテゴリー「新幹線」の41件の記事

2022年12月 2日 (金)

嬉野温泉駅(佐賀県)

駅の第792弾は、JR西九州新幹線の嬉野温泉駅です。

Uresinoonsen1
佐賀県嬉野市。開業2か月後の乗車、せっかくなので1駅途中下車してみることにした。

Uresinoonsen2
駅ホームから武雄温泉方面を望む。隣の武雄温泉駅まではわずか10km強。

Uresinoonsen3
相対式2面2線のホーム。

Uresinoonsen4
ホームから新大村寄りを眺める。

Uresinoonsen5
次の列車を逃すと2時間後、30分の滞在を見込んで改札を出る。

Uresinoonsen6
西口(温泉街のある側)から見た駅舎。

Uresinoonsen7
駅前には道の駅「うれしのまるく」も開業している。この建物しか入れず・・・。

| | コメント (0)

2022年12月 1日 (木)

駅名クイズ876

この画像の駅名は次のどれでしょう?
A.徳山  B.新山口  C.小倉

Z876

この記事のコメント欄へご解答ください。前の方と同じ解答もOKです。ご解答は1回のみでお願いいたします。
2022年12月4日(日)の11時59分59秒をもって締め切りとします。

ヒントの掲載はありません。いただいた解答やコメントへの返信は、正解発表時にさせていただきます。

| | コメント (3)

2022年11月26日 (土)

西九州新幹線・乗車記(2022.11.19)

非電化区間の長崎本線を走破した後、本題の西九州新幹線に乗車した。開業2か月で個人的にJR全線走破の防衛となった。
乗り通すだけでは面白くないので、嬉野温泉駅に下車してみた。嬉野温泉駅の紹介は別の機会で。


Ns1
臨時の「かもめ82号」で嬉野温泉駅まで乗車。自由席3両、指定席3両のN700S6両編成。

Ns2
武雄温泉寄り先頭の6号車の様子。

Ns3
正面からの写真。

Ns4
自由席に乗車。いつも決めていることだが、進行方向右側に乗ることにしている。

Ns5
自由席の車内。この「かもめ82号」、1台後の「かもめ28号」の両方とも自由席はガラガラだった。土曜日とあって、諫早ですれ違った「かもめ21号」は満席の様子だった。

Ns6
武雄温泉駅に着いて787系「リレーかもめ28号」と同じホームで並んだ様子。

Ns7
2004年の新八代駅もそうだったが、「リレーかもめ」は新幹線の改札内という扱い。在来線に乗り換えるには改札を通る。

Ns8
長崎方面への12番のりばの新幹線ホーム。先が見えないだけに、今後どうなることか。ベンチが寂しそうに佇んでいた。この後、885系「リレーかもめ84号」自由席で次の目的地へ向かった。こちらはそこそこの乗車率だった。

| | コメント (0)

2022年5月 1日 (日)

駅名クイズ841

この画像の駅名は次のどれでしょう?
A.新神戸  B.新倉敷  C.新岩国

Z841

この記事のコメント欄へご解答ください。前の方と同じ解答もOKです。ご解答は1回のみでお願いいたします。
2022年5月7日(土)の11時59分59秒をもって締め切りとします。

ヒントの掲載はありません。いただいた解答やコメントへの返信は、正解発表時にさせていただきます。

| | コメント (2)

2022年3月10日 (木)

駅名クイズ834

この画像の駅名は次のどれでしょう?
A.新横浜  B.新神戸  C.新鳥栖

Z834

この記事のコメント欄または「かがやき掲示板」ご解答ください。前の方と同じ解答もOKです。ご解答は1回のみでお願いいたします。
2022年3月13日(日)の14時59分59秒をもって締め切りとします。

ヒントの掲載はありません。いただいた解答やコメントへの返信は、正解発表時にさせていただきます。

| | コメント (2)

2021年12月19日 (日)

白石蔵王駅(宮城県)

駅の第743弾は、東北新幹線の白石蔵王駅です。

Siroisizaou1
宮城県白石市。新幹線だけの単独駅。

Siroisizaou2
西口駅前の様子。東北本線の白石駅からゆっくり歩いてきた。普通に歩けば20分程度の距離。

Siroisizaou3
駅構内の様子。コンビニや立ち食いそばがあった。

Siroisizaou4
東京方面のホームに上がる。電光掲示板に出ている列車で帰るため、そそくさと撮影。

Siroisizaou5
同じく東京方面ホームの様子。

Siroisizaou6
ホーム東京寄りの風景。いつも通過している地に初めて少しだけ足を運んだ。

| | コメント (0)

2021年10月15日 (金)

御厨駅(静岡県)

駅の第734弾は、JR東海道本線の御厨駅です。

Mikuriya1
静岡県磐田市。2020年3月14日に開業した新駅。

Mikuriya2
相対式ホーム2面2線。

Mikuriya3
北口から見た駅舎。

Mikuriya4
南口から見た駅舎。

Mikuriya5
駅のすぐ南側を東海道新幹線が通過していく。

Mikuriya6
橋上駅舎の自由通路から。かすかに富士山が見えていた。

Mikuriya7
手軽にN700と富士山を狙ってみた。こういう時に限って10分以上待つものであった。

| | コメント (0)

2018年9月22日 (土)

東横イン米原駅新幹線西口の14階に泊まってみた

この夏の18きっぷを使っている最中、米原駅すぐの東横インに泊まった。禁煙のシングルだったが、偶然にも14階の南側の部屋が割り当てられたので、記事にしてみようと思う。在来線も見えることは見えるが、東海道新幹線は本当によく見える。夜間も早く動く光だけで、新幹線とわかるくらいである。
1泊5000円程度で朝食もつく。会員になると特に休日が安くなる。時間に少し余裕をもって、ホテルから列車を眺めるのも悪くないと感じる。
米原駅にはコンビニや飲食店がまともに見当たらず、駅前のスーパーも21時閉店なので、遅いチェックインの場合は、食糧確保に注意が必要かなと思う。

Tm1
最上階から駅の全景を眺める。奥は彦根・京都方面となる。

Tm2
新幹線車内からこの送電線をよく眺めていたもので・・・。

Tm3
かなり遠い位置から東海道新幹線N700系の姿をとらえることができる。この位置から米原駅通過までおよそ1分程度(後日乗車した際に・・・)。

Tm4
あっという間にやってきた。

Tm5
関空特急「はるか」も2本が米原始発で運転されている。

Tm6
下り1番列車「ひかり491号」博多行きが入ってきた。

Tm7
発車と同時に「ひかり506号」東京行きが入ってきた。この日は下りが少々遅れていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月14日 (土)

500系・こだま749号の指定席に乗車

可部線の終着駅・あき亀山駅を訪問した後、500系8連・「こだま749号」の普通車指定席に乗車した。500系のぞみ時代のグリーン車の座席が使用されている6号車で、乗車区間は広島17:57→小倉19:24。4号車・5号車も指定席であるが、こちらは700系8連と同様のシート。

V1
広島駅には17:46入線(岡山16:22発)、17:57発。N700系8連「さくら562号」(左)、700系8連「こだま750号」と並んだ。

V2
やってきたのはV6編成。帰宅時間で自由席の座席はそこそこ埋まっていたが、先頭1号車は2人掛けシートが丸々空いており、まだ余裕があった。

V3
広島名物の「あなごめし」を買ってみた。1300円はちょっと高いかな・・・と感じてしまった。

V4
ゆとりのある座席、車内には通勤帰りでおつまみとアルコールの姿も目立っていた。それでも、指定席の乗車率はご覧のとおり、自由席に比べてゆとりがあり過ぎるくらいだった。

V5
通過待ちで停車時間のあった新山口で少し外に出てみた。中途半端がなく一流の後に三流の役割を果たす姿が、また頼もしい。1日でも長く走ってほしいと思った。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年7月17日 (月)

北海道新幹線と道南いさりび鉄道に乗ってきた

北海道新幹線開業から1年4か月近く・・・・・。乗車する機会が急遽訪れた。
ついでに第3セクターとなった道南いさりび鉄道も走破した。
2011年8月にJR線全線走破をしているが、今回はまだ広島が残っている。この場を再達成にしたくなかったという気持ちも少しあった。可部線は近々行きたいところだが・・・・・。

土曜の午後から日曜日にかけて1泊2日強行日程だった。ホテルも運よく前日に押さえられた。

H1
東京15:20→木古内19:37着。はやぶさ25号は、さすがにC席しか空いていなかった。

H2
木古内20:21発→函館21:25着。道南いさりび鉄道は、闇夜の旅路。キハ40系2両で車内はガラガラだった。

H3
翌日は雨だったので、海鮮丼→スタバ→ラッキーピエロというお店入りまくりの流れ。

H4
函館12:00発の「はこだてライナー」に乗車。

H5
新函館北斗には12:22着。

H6
新函館北斗12:44発→新青森13:50着。「はやぶさ22号」は特定特急券で乗車。これでJR北海道は全線走破状態を回復。

H7
新青森からは、E2系で運転の「はやて358号」の普通車指定席を取った。正直、「はやぶさ」の座席よりこっちの方がいいと感じる自分である。

H8
開業当初はE2系で走破したものだが、新青森からE2系に乗るのもこれが最後だろうか・・・。時速275でも十分な走りに感じた。仙台発車時の乗車率も5割程度で相席もなく、空席の2人掛けシートも見られた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧