2016年10月27日 (木)

田浦駅(神奈川県)

駅の第596弾は、JR横須賀線の田浦駅です。

Taura1
神奈川県横須賀市。ホームの両端はトンネル。写真は横須賀方面。

Taura2
駅名標。

Taura3
駅前(南側)の様子。

Taura4
南口と北口(写真奥)を結ぶ跨線橋。

Taura5
跨線橋から見た駅ホームの風景。

Taura6
ホーム逗子寄りの風景。両端がトンネルでホームが短いため、E217系の先頭車両と2両目の1つはドア扱いされない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月23日 (木)

東逗子駅(神奈川県)

駅の第586弾は、JR横須賀線の東逗子駅です。

Higasizusi1
神奈川県逗子市

Higasizusi2
改札を通るとすぐに東京・千葉方面の乗り場。

Higasizusi3
同じ1番線ホームから全景を。

Higasizusi4
跨線橋を渡って2番線(久里浜方面)に。日中は4両編成の列車も多い。

Higasizusi5
駅名標。

Higasizusi6
久里浜寄りの風景を望む。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月19日 (金)

東浪見駅(千葉県)

駅の第576弾は、JR外房線の東浪見駅です。

Torami1
千葉県長生郡一宮町。隣の上総一ノ宮駅までは単線区間。

Torami2
勝浦寄りの風景。長者町駅までは再び複線区間。上下線ホームを結ぶ跨線橋からは太平洋も見えて、なかなかいい風景だった。

Torami3
上りホームから勝浦方面を望む。

Torami4
駅名標。

Torami5
下りホーム(入口付近)に戻ってきた。上りホームに待合のベンチ。

Torami6
駅名標その2。無人駅で静かな環境に佇む。

Torami7
255系が上っていった。撮影したのは2014年3月・・・、現在は午前中に255系が通過することはないと思われるが・・・。

Torami8
駅舎。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月10日 (日)

川岸駅(長野県)

駅の第573弾は、JR中央本線の川岸駅です。2013年2月訪問

Kawagisi1
長野県岡谷市。辰野寄りの風景。

Kawagisi2
駅名標。岡谷と辰野の間にある駅で、みどり湖経由ができてからは、飯田線の普通列車が大半を占めるようになっている。

Kawagisi3
島式1面2線のホームで、単線区間のため。当駅で列車交換することもある。

Kawagisi4
岡谷寄りの風景。

Kawagisi5
改札口付近からホームを眺める。ポツンとある待合室が冬場はありがたく見える。

Kawagisi6
駅舎内。無人駅である。

Kawagisi7
駅舎。このあとしばし、駅舎内で佇んだ。

Kawagisi8
次の列車をホーム待合室で。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2015年8月22日 (土)

2015.8.22 大月と甲府にて

18きっぷの4回目を使ってきました。115系が走っているうちに中央東線へ行くのは、これが最後になりそうです。なんとなく115系の姿を見つつ、駅の開拓を1つだけ増やしに行ってきました。

A1
大月10:35頃の風景。211系3連の定位置となって8か月あまりでしょうか。

A2
この後すぐ身延線に乗るタイミングで、436M:115系C1編成を撮っていると。

A3
ブルーサンダー(EH200-18)がやってきた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月19日 (日)

新潟→直江津→長野→甲府→立川

昨日と今日、週末パス(8730円・普通乗車券タイプのフリーパス)を使って甲信越をめぐってきました。北陸新幹線開業後の三セク乗りつぶしも兼ねて。その光景の一部をアップしてみます。

D1
ダイヤ改正前まで485系だった快速「らくらくトレイン信越」も、E653系「しらゆき」編成に置き換えられた。

D2
115系はいまだ健在だが・・・。

D3
快速「らくらくトレイン信越」発車直後の2番線に特急「いなほ13号」が入線。以前は1番線ホームのベンチに座って、485系の光景を眺めていた。

D4
115系湘南色が入ってきた。先がそんなに長くないも感じる。

D5
翌朝、昨年12月から運用に入ったE129系の姿。この後、特急「しらゆき2号」の自由席で柏崎まで行き、115系普通で直江津まで。

D6
直江津から「えちごトキめき鉄道」で妙高高原へ。その後、長野までしなの鉄道も乗りつぶし。

D7
帰路は中央東線で。115系はC1編成(写真)とC14編成が残るのみ。まさか今日乗れるとは思ってなかった。

D8
茅野駅の駅名標とともに。スーパーあずさ22号と待ち合わせの停車時間。

D9
甲府からは189系M52編成「かいじ180号」で。個人的に、この色の列車に乗ったのは、1993年2月の1度のみ。

D10
自由席1号車がハイデッカー構造のグレードアップ車。M51の1号車と合わせて残り2両・・・、グレードアップ車両に乗るのはこれで最後・・かな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月 8日 (日)

残り5編成の115系を求めて

18きっぷの時期がやってきた。中央東線普通列車の211系置き換えが進んでいるようだ。今日現在115系は、C1・C3・C12~C14の5編成が残存している。

18きっぷの旅を始めてから20年あまりお世話になってきた車両なので、ダイヤ改正前にもう1度モハに乗車しておきたかった。とある運用掲示板と相互リンクしているブログに書かれている運用順をもとに、本日の115系充当を予測することができた。本当に感謝である。

B1
高尾にて。1456Mで到着した115系C14編成(左)と、1455M211系(3+3)。今日はスカ色C1編成が信越本線に「出張」のため、見られる115系は実質4本だった。

B2
C14編成はその後、531M(高尾9:27→甲府11:02)に充当された。

B3
大月駅で8分停車、停車時間の光景も今回が最後かなぁ・・・。

B4
335M(甲府11:32→小淵沢12:18)に115系C13編成。550Mで高尾へ向かう。小淵沢にて。

B5
乗車した5号車・モハ114-424

B6
小淵沢駅のホームにある売店や立ち食いそば屋さんは、工事のため3月15日をもって営業終了とあった。駅のホームでそばを食べるのも一興と感じる自分にとっては、寂しい話題だった。

B7
小海線の駅を訪問し、帰りは211系N602編成に乗車。個人的に211系はN601編成についで2度目の乗車となる。この日はロングシートの車両初めて見た。高尾から小淵沢へ下る際に3本・・・。

B8
日野春駅で特急あずさ20号の通過待ち。

B9
東海道を走っていた0番台。211系はボタン式となっている。

B10
大月からは189系M51編成の「ホリデー快速富士山2号」で三鷹まで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月23日 (月)

勝浦駅(千葉県)

駅の第546弾は、JR外房線の勝浦駅です。

Katuura1
千葉県勝浦市。安房鴨川寄りの風景。255系回送が停車中だった。

Katuura2
2・3番線ホームに広い待合室がある。3番線(左)に東京方面、2番線に安房鴨川方面の列車が発着。

Katuura3
出口は東京寄りに。当駅始発・終点の普通列車も設定されている。2015年3月ダイヤ改正後は、当駅始発・終点となる特急「わかしお」が増えるようだ。

Katuura4
かつうらビッグひなまつり開催中は、駅構内にも雛人形が飾られる。

Katuura5
改札を出る。改札付近にキオスクがある。

Katuura6
駅前の様子。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月 3日 (土)

2015年1月2日・中央東線の風景

中央東線普通列車の115系→211系への置き換えが進む中、2015年1月2日(金)、甲府まで行ってきた時の駅風景をお伝えします。今回は18きっぷを使いましたが、置き換え進行中の風景は期間が短いので、2月中にもう1度行きたいところです。

N1
午前中の大月駅にて。今までは115系スカ色豊田車がいたが、昨年12月上旬に全て211系に置き換えられた。

N2
531Mは115系長野車6連が充当されていた。

N3
次の437M(左)も115系長野車6連。この列車で甲府に向かう。538Mにスカ色に復元されたC1編成。大月駅では115系の競演も見られた。

N4
甲府駅に到着した535M。115系豊田車(3+3)の運用だったが、211系(3+3)へ置き換え完了。6両ともセミクロスシートだった。個人的に115系豊田車の最終乗車も535M(2014年11月8日・大月→塩山)だった。

N5
その後すぐに211系が並んだ。438M(右)に211系長野車6連。

N6
帰りは552Mに乗車。こちらも211系長野車6連がやってきて、初めての乗車となった。甲斐大和駅で特急の通過待ち。

N7
甲斐大和駅でも211系の競演となった。552M(左)と545M。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月13日 (土)

十二橋駅(千葉県)

駅の第542弾は、JR鹿島線の十二橋駅です。

Jyunikyo1
千葉県香取市。以前から訪問したかった駅であるが、訪問するならまずは冬晴れの日と決めていた。降り立ったのは自分だけだった。

Jyunikyo2
単式ホーム1面1線の駅。利根川を渡った田園地帯の只中にポツンとある。

Jyunikyo3
駅舎はなく、ホーム上に待合室があるのみの無人駅。日中は1時間に1本あるかないかという程度の本数だが、1日1往復は東京からの特急「あやめ」が普通列車区間として乗り入れる。

Jyunikyo4
駅名標。初冬の午前中の1コマ。

Jyunikyo5
ホーム上からは筑波山がかすかに見えていた。

Jyunikyo6
待合室付近から見た風景。

Jyunikyo7
駅前は駐車場などが整備されていた。この後、自販機で缶コーヒーを買い、静かな環境でゆっくり温まった。遠くから選挙カーの声も聞こえた。ということは・・・。冬晴れの午前中の少し贅沢な34分の滞在で、帰りの上りは自分を含めて3人が乗車した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧