カテゴリー「好きな駅」の59件の記事

2022年7月17日 (日)

日出塩駅(長野県)

駅の第768弾は、JR中央本線の日出塩駅です。

Hidesio1
長野県塩尻市。無人駅。

Hidesio2
相対式2面2線のホーム。名古屋寄りの様子。

Hidesio3
名古屋方面ホームから対岸の駅名標を眺める。

Hidesio4
ホーム上に待合室。

Hidesio5
塩尻寄りの風景。

Hidesio6
簡易な待合室と出口は下り塩尻方面のホームに。

Hidesio7
下りホームから夏空を見上げてみた。

| | コメント (0)

2022年5月13日 (金)

筑後草野駅訪問日記5

前回訪問は2019年3月ですが、その時は日記にしなかったので、2018年9月訪問時以来の日記です。

今回は筑後川温泉に泊まり、翌日、杷木バス停からあさくら三連水車を訪問し、そこから筑後吉井駅まで徒歩。その後の慌ただしい訪問となりました。ただ、滞在時間は午前中にしっかり1時間近くとっています。

 

Chikugokusano1
上り列車で降り立つ機会はそんなにない。時節柄、実家からUターンと思われる光景に遭遇した。

Chikugokusano2
いつものように下りホームを眺めると・・・。

Chikugokusano3
これは上りホームの駅名標であるが、新しくしっかりとした字体で駅名が書かれていた。

Chikugokusano4
駅前の様子は一見変わらないが、自販機の売り物が大きく?変わっていた。九州といえばこれ?と思うものが1つなくなっていた。

Chikugokusano5
いつものように上りホームのベンチにしばし佇む。とてもありがたい時間だ。

Chikugokusano6
下りホームからもいつものように筑後平野の風景を撮ってみる。

Chikugokusano7
下りホームから上りホームを。いつも思うが、牧歌的でいい風景だ。

Chikugokusano8
再度下りホームから筑後平野を。どことなく長閑で遠くを走る車の風景、近くで響く農業の光景。見ていて飽きない。あっという間に1時間弱が過ぎて、日田行き列車に乗った。

| | コメント (0)

2021年12月29日 (水)

天見駅(大阪府)

駅の第744弾は、南海電鉄高野線の天見駅です。

Amami1
大阪府河内長野市

Amami2
1番線の高野山方面ホームから見た全景。

Amami3
1番線の高野山方面ホームから対岸を眺める。

Amami4
冬晴れの朝の心地よさ。出口は2番線(なんば方面)ホームの高野山寄りにある。

Amami5
駅名標。隣の紀見峠は和歌山県。

Amami6
駅舎。駅前広場がこじんまり、無人駅である。

Amami7
周辺は長閑な田舎風景が広がっている。

Amami8
駅舎内。この後ホームに戻り、しばらく1人静かな時間を過ごした。

| | コメント (0)

2021年2月22日 (月)

大杉駅(高知県)

駅の第715弾は、JR土讃線の大杉駅です。

Oosugi1
高知県長岡郡大豊町。特急一部停車駅。

Oosugi2
ホームから駅舎を眺める。奥は高松・徳島方面。

Oosugi4
ホームに「美空ひばりゆかりの地」。

Oosugi5
2月の午前中に降り立った。心地よい冬晴れで春が近づいていることを実感する時間を過ごした。

Oosugi6
駅舎。

Oosugi7
駅前の雰囲気。1時間程度この場所で過ごし、時折はるか上空を行く航空機の音が聞こえてきた。

Oosugi8
目の前を穴内川(吉野川の支流と思われる)が流れており、対岸は国道32号線が通っている。

| | コメント (0)

2021年1月23日 (土)

植苗駅(北海道)

駅の第713弾は、JR千歳線の植苗駅です。

Uenae2
北海道苫小牧市。隣は南千歳駅だが、2017年3月までは美々駅が存在していた。現在は信号場となっており、この後に乗車した普通列車が美々信号場で特急「スーパー北斗」の通過待ちを行っていた記憶がある。

Uenae3
跨線橋から苫小牧方面を眺める。

Uenae4
新千歳空港が近いので、1時間の滞在の間に航空機が何機も飛び立っていった。

Uenae5
南千歳・札幌方面の風景。航空機の離陸風景がよく見えた。

Uenae6
ホーム前景。このホームは1番線(苫小牧方面)。このホームでしばし時間を過ごした。室蘭本線との分岐点が近いこともあり、1度だけ室蘭本線と思われる車両の音が聞こえてきた。

Uenae7
駅舎。

Uenae8
駅前の風景。雪が少ないと言われていたので、普段の冬はもっと積もっているのだろう・・・。今シーズンはこういう光景を見られる機会がなさそうだが、落ち着いたら夕刻の雪景色をじっくり眺めてみたいものだ。

Uenae9
こんな静かな無人駅にもICカード改札機。札幌駅から56kmだからと言われれば、そうではあるが・・・。

| | コメント (0)

2019年1月 5日 (土)

海路駅(熊本県)

駅の第651弾は、JR肥薩線の海路駅です。

Kaiji1
熊本県葦北郡芦北町

Kaiji2
秘境駅として有名であるが、八代方面の風景はどこか牧歌的で印象に残る。

Kaiji3
単式ホーム1面1線で、目の前を球磨川が流れる。

Kaiji4
ホームにわずかながらベンチがある。夏場は半ばアブなどに占領されるので、座るのは困難と思った方がよい。

Kaiji5
それにしても印象深い風景だ。

Kaiji6
こんな田舎な風景で信じられないことに思えるが、地図で見ると1km離れないところを九州新幹線が走っている。おそらくトンネル・・・。

Kaiji7
駅前の様子。右手に集落があり、人の姿もあった。わずか20分の滞在だったが、印象に残る駅だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月 5日 (金)

筑後草野駅訪問日記4

今まで(とはいっても3年前)は、夜明駅の訪問日記でしたが、今回からは久大本線筑後草野駅の訪問日記にいたします。とはいっても、次回がいつになるかは予測不能です。

九州北部豪雨で不通となっていた光岡~日田が今年7月14日に復旧し、3年ぶりの訪問となりました。1年前にも九州は訪れていますが、さすがに代行バスを使ってという気にはなりませんでした。

Chikugokusano41
久留米から乗車し、久々にこの下りホームに降り立つ。

Chikugokusano42
何気ない筑後平野の風景だが、いつ見てもいい風景だと感じる。

Chikugokusano43
雨上がりの初秋の青空が広がった。

Chikugokusano44
駅舎の外観も3年前と変わっていないようだ。

Chikugokusano45
やっぱり落ち着く駅名標。

Chikugokusano46
以前は下りホームからも直接出られたが、今は駅舎がある上りホームのみ出口がある。

Chikugokusano47
とはいっても無人駅。南側の雲が輝いて見えた。

Chikugokusano48
上りホームのベンチから。時折福岡空港を飛び立ったと思われる航空機の音が聞こえてくる。

Chikugokusano49
右側が田主丸寄り、しばらくこのベンチで佇んだ。

Chikugokusano50
50分後、下り列車に乗って日田に向かう。あっという間に過ぎた・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月17日 (金)

中三依温泉駅(栃木県)

駅の第642弾は、野岩鉄道の中三依温泉駅です。

Nakamiyorionsen1
栃木県日光市

Nakamiyorionsen2
駅前の様子。

Nakamiyorionsen3
無人の改札を入ると、ホームの手前に待合室がある。標高648m・・・。

Nakamiyorionsen4
島式ホーム1面2線。両隣の駅名も「温泉」がつく。

Nakamiyorionsen5
ホームから初秋の風を感じつつ、長閑な午前中の風景を眺める。

Nakamiyorionsen6
会津田島方面を眺める。左手に徒歩圏内にある温泉施設「男鹿の湯」が垣間見える。

Nakamiyorionsen7
駅名標。出入口は新藤原寄りにある。

Nakamiyorionsen8
東武鉄道6050系下り列車が入ってきた。2017年4月のダイヤ改正で浅草乗り入れの定期運用から外れ、原則として南栗橋以北での運用となった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月28日 (土)

西金駅(茨城県)

駅の第640弾は、JR水郡線の西金駅です。

Saigane1
茨城県久慈郡大子町。常陸大子寄りの風景。降り立って列車が去った後、久しぶりに味わう静寂だった。

Saigane2
ホーム全景。砂利採集用の側線には貨車が滞留していた。

Saigane3
ホーム待合所の駅名標。昔ながらのいい雰囲気を醸し出している。

Saigane4
水戸寄りの風景。

Saigane5
水戸寄りからもホーム全景を撮ってみる。

Saigane6
名所案内の標識。セミの声が聞こえる真夏はきつそうだ。

Saigane7
出口へは階段を上っていく。

Saigane8
駅舎に集会所が併設されているようだが、誰もいない様子だった。無人駅である。

Saigane9
駅前の様子。上っていくとすぐに国道118号線があるので、車の音はよく聞こえてきた。

Saigane10
なので、しばらく雰囲気のいいホームの待合所で午前中の時間を過ごすこととした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月17日 (土)

吉野口駅(奈良県)

駅の第629弾は、JR和歌山線・近鉄吉野線の吉野口駅です。

Yosinoguchi1
奈良県御所市。近鉄には駅番号があり、当駅はF48のようである。

Yosinoguchi2
駅前の様子。

Yosinoguchi3
駅舎。JR西日本と近鉄の共同使用駅となっている。

Yosinoguchi4
駅前北側にちょっとした広場。

Yosinoguchi5
2・3番ホームで駅弁が売られている。「柿の葉寿し」を含め4種類。

Yosinoguchi6
JRの駅名標。王寺駅から25km。この2・3番のりばでは、JRの五条方面と近鉄の橿原神宮前方面が同一ホームで乗り換え可能である。

Yosinoguchi7
4・5番のりばの様子。こちらはJRの王寺方面の列車が発着する。

Yosinoguchi8
4・5番のりばから、王寺方面の風景。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧